ホーム » 未分類 » メスのズワイガニは別名セコガニです。地域によ

メスのズワイガニは別名セコガニです。地域によ

読了までの目安時間:約 5分

メスのズワイガニは別名セコガニです。
地域によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。
雄を美味しく食べる方法は、蟹味噌(蟹にとっての肝臓と脾臓らしいです。
北海道の北海道の毛ガニのものが一番美味だといわれています)もいいのですが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。逆に、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌と内子、外子のバランスがとれているため、むしろ、このような部位を茹で珍味として愛されています。
ネット販売だと、お店で買うのと違って持ち帰る負担がないので好きなだけ買えるのはいいですね。
一定以上の量を注文すれば、びっくりするほど安く買えることもあるようです。
それを考えると、限界価格で買うことをねらっている場合は、がんばって同じ思惑の人を誘い、通販の注文をまとめてできるだけ大量購入すればいいのです。当然ですが、その結果として、配送されたときにはかにを一時預かりしなくてはならないので、本当に全部置いておけるのか、確認しておきましょう。
ここで御紹介したいのが、モズクガニの話です。とても有名なブランドがにの上海ガニと同じ仲間なのです。
上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、大きくても甲幅8センチメートルくらいですから、食用がにとしては小さめです。
多くは、成体で170から180グラムになるとして出回っています。
ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。
丸ごと使えるかにとして、日本では昔から案外知られた存在です。
かにネット販売のランキングサイトでもタラバガニは不動の地位を占めていますが、トラブルにならないようにしてください。
タラバガニに酷似したアブラガニという安いかにがいます。
ごまかされてもおかしくありません。注文したのはタラバガニのはずなのに、アブラガニを掴まされた話は絶えません。安さにつられて買うのではなく、お店の評価もしっかり確認してください。どんな北海道の毛ガニを選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。
まずは、寒い時期に獲れた北海道の毛ガニを選んでください。寒い時期は、大きく身がぎっ知り詰まった活がにならベストのシーズンです。見て選ぶとき大事なのは見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。
実際に触れるなら、表面の手応えと重みがあるものを選んでください。身が詰まっている様子は見た目にもわかりますし、持ってみれば直に感じられます。最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、よいかにを売っている可能性が高いです。
ズガニという蟹を知っていますか。
この蟹の正式名称はモクズガニです。
どちらかというとモクズガニの方が聞いたことがある人は少なくないでしょう。この蟹は河川で水揚げされ、とり所以鋏に生えている毛が特徴的です。
そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、それを鑑みると、比較的脚が長いことが特徴としてあげられるのです。
多くは味噌汁にしたり、炊き込みご飯にしたりして食べられています。
みなさんは、どこに注意してズワイガニを選んでいますか。
ほとんどの方は、ズワイガニなら脚が長くて、全体も大聴ければよしとして選ぶ方が多数派でしょう。しかし、大きさよりももっと調べて欲しい観点を知っておきましょう。
かにの重みを調べていますか。食べようとしたら、中身スカスカのかにだったという情けない事態になりかねません。
重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。
安価で蟹を楽しみたいのならば、日帰り蟹食べ放題ツアーが最もいいと思います。どういう理由で沿う言えるかというと、この方法を使って蟹を食べた場合、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのとくらべて明らかに安く蟹が食べられるからです。
しかも、このようなツアーは美味しい蟹が楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、満足のいく質であることと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
 
外貨を購入