ホーム » 未分類 » もし配偶者の浮気を見つけてしまっても騒ぎ立てず

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても騒ぎ立てず

読了までの目安時間:約 4分

もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、ひとまず、今後の対処を図るためにも、気持ちを静めて冷静になることを優先しましょう。
どうしても男女の関係の事実をうけ止めがたければ、離婚とか、沿うなると慰謝料の請求という問題も考えなければなりません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、以後どうするか、きちんと話し合うと良いでしょう。法律的に、結婚している男女が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを不貞といいます。
すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、普通のデートをし立としても、不貞ではありません。
個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
運転する人の目につかないところにGPS端末を忍ばせ、行動を常時監視しつづけ、今いる場所をモニターしたり、データログを後から読み出し調べたりします。
あまり、車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。
それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。探偵社に不倫調査を依頼する際、重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは珍しいことではありません。依頼が確定するまでの見積り段階では、おおまかな情報のみでOKという調査社が現在では増えています。しかし、いざ依頼するとなると契約や詳細説明は必須ですので、必要最低限の個人情報の提供は避けられないでしょう。
男女の関係問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをまず考えてから相談するといいでしょう。もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談するべきです。
女性の場合、近所の奥さまやオトモダチに相談してしまう人もおもったより多いですが、近所の噂のタネになりたくない時は、絶対にしてはいけません。
探偵に依頼するなどし、異性との遊びの証拠を掴む事が可能です。相手が異性との遊びをしている為はないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。
ですが、異性との遊びの決定的な証拠を自分だけで手に入れるとなると、相手に見つかるという可能性は低くないでしょう。理由としては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。不倫の証拠を掴むために探偵まで雇って、やっとのことで浮気をやめ指せることに成功しても、繰り返すことがあります。連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、メールや着信履歴などで浮気が再燃したことがわかるわけです。
大抵の場合、前回の異性との遊びでの対処が甘かったために反省に至らなかっ立と言う事も考えられますので、次はないということを実感指せるような厳しい措置も考えなければなりません。いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と調査社の違いです。実際、扱う仕事は違いがありません。
共によく扱うのは、相手方の不倫を理由に離婚するなら、配偶者の異性との遊びの確固たる裏付けがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。
しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。また、不倫相手に慰謝料の支払いをもとめる際も重宝するはずです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
 
外貨を購入